誰にもやらない22

back  next  top  Novels


 何しろ、河崎との噂以降、浩輔はずっと女子社員からあからさまな嫌がらせを受けていた。
 見て見ぬふりの男性社員もしかり。
 お菓子やお茶が浩輔にだけ当たらないなんてのは序の口で、浩輔の屑入れからゴミがあふれている、書類は隠される、河崎からの伝言だと騙されて、会議室で一時間も無駄な時間を過ごしたこともある。
 さすがに警戒して、重要なものはすぐに片付けるようになった。
 『今夜はお部屋でお待ちしてます』とか『夕べはとってもステキでした。浩輔』などとプリントアウトされた紙が河崎の机の上に置かれているのに気づいた時は、浩輔もさすがにカッとなって破り捨てたが、みんなはそれを見たらしく、浩輔の顔を見てニヤけている。
 河崎が直接言いつければいそいそとお茶を運ぶ女の子たちに、浩輔がお茶を頼もうものなら、すかさずさやかが現れて「女はお茶汲みするために会社来てるんじゃないのよ」などと、もっともらしいことを言う。
 慌てて自分でコーヒーを炒れて会議室に向かう浩輔を、女の子たちの笑い声が追いかける。
 ふり返ると、さやかの嘲るような目がそこにあった。
 浩輔一人の時は、挨拶さえ無視される。
 まさしく四面楚歌状態だった。
「田口綾乃が担当は君じゃないとやらないとごねてね。MECもこれ以上遅らせられないと納得した。フン、いい男は得だな」
 嫌味をおまけに、馬場は言った。
 数日後、結局河崎は仕事に戻った。
 河崎と田口綾乃のスクープが写真週刊誌やTVを賑わせたのは、CM撮影が終わった頃である。
 河崎は綾乃と行動を共にすることが多くなり、部屋に戻らないことがしばしばあった。
「フられたんだな? コースケクン、夜が侘しいんじゃない? 何なら俺んとこくる?」
 耳元で囁いていく藤堂を、浩輔は思い切り睨みつける。
 淋しいなんて気持ちは、マヒしたように忘れていた。
 河崎にとって自分など、どうせお手軽で数え切れない程の『女』の一人でしかない。
 どころか男だ。
 笑えてしまう。
 いずれにしろ、いつか飽きられるのはわかっていた。
 それでも心は勝手に河崎に追いすがる。
 たまに部屋に戻ってきた河崎は浩輔のそんな思いをよそに、浩輔をベッドに引っ張り込む。
 河崎の腕の中で、もう行かないでと、置いて行かないでほしいと、浩輔は声に出せずに叫び続けていた。
 けれど、やがて河崎の携帯が鳴り、『わかった』と、河崎はひとこと答えると、さっさとシャワーを浴びて、どこへ行くとも言わずに出て行ってしまう。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ