誰にもやらない56

back  next  top  Novels


「浩輔…」
 耳元で囁く河崎の低く深い声は、浩輔の脳髄まで侵し、蕩かしていく。
 やがて浩輔の中に侵入した河崎は幾度となく揺さぶりながら浩輔の声が艶めくまで煽った。
「あ……んん……や……だ……あっ……」
 狂うように滾る激流が浩輔の中を絶え間なく駆け回る。
「あ………河崎さ…」
 絶え切れずに吐息混じりに上げる声が色めくと、身体は深い劣情に戦慄し、浩輔の唇は閉じることを忘れてひたすら喘ぎを漏らした。
「……浩輔」
 もう余裕のなくなった河崎は、甘くすすり泣く浩輔の奥へと突き上げた。
 堕ちるなら諸とも。
 誰にもやらない、もう、絶対、誰にも。

 

 リビングにある大きな柱時計が時刻を告げている。
 窓の向こうには、輝くばかりの夜景が広がっていた。
 全てが二年前と同じだった。
 生活感のない空気もまた変ってはいない。
 いつの間にかチビスケがベッドの端に丸くなっている。
 頭が覚醒するにつれて、床の上なのも構わず夢中で抱き合っていたのを思い出し、浩輔は羞恥に赤くなる。
 スニーカーも服もどこにあるんだろう。
 ベッドに運ばれてすぐに眠ってしまったらしい。
 だが、河崎の腕の中でまどろんでいた浩輔は、はたと起き上がった。
「どうした?」
 河崎もゆっくり身体を起こす。
「……って、七時? 午後の?」
 浩輔は時計の鐘の音を七回数えたのだ。
「ああー! どうしよー、打ち合せ…」
 焦る浩輔の横で、河崎はまた寝転んだ。
「んなもの、うっちゃっとけ」
「そうはいきませんよ!」
 携帯はリビングのバッグに入っているしと、浩輔はとりあえず枕元にある電話に手を伸ばす。
「俺が代わりに弁明してやろうか? 実は昼間っからエッチしてましてって」
 河崎がにやりと笑う。
「…からかわないで下さい!!」
 コールする間にも、浩輔は何か言い訳がないかと思い巡らした。
 階段からおっこちて怪我をしたとか、貧血を起こしたとか………。
 しかし嘘が苦手な浩輔には、うまく言い逃れる自信はない。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ