花を追い14

back  next  top  Novels  たまっていた書類の作成を一気に終えた良太は、画面の時刻を見て手を止めた。 「鈴木さん、もう十二時ですよ。お昼、どうします?」  鈴木さんも、あら、と我に返ったようにパソコ … 続きを読む 花を追い14