花を追い17

back  next  top  Novels


 それでなくてもいつのまにか厄介ごとが良太の周りで増殖している気がする。
 下柳は二時前にはあたふたと帰っていったが、今日はその一つを減らすべく、良太は脚本家の坂口宅に向かうことになっている。
出社してすぐ坂口と連絡を取ったところ、午後三時くらいに来てくれと言われたのだ。
人気俳優宇都宮俊治主演のドラマ「田園」でまた一人キャスティングの変更があるというのだが、まだ詳しいことは聞いていない。
「電話で話せないようなメンドイ話なのかな………何か実は問題ありの人いるのか?」
 最近、芸能人の家族が不祥事を起こして、実力派の俳優が休業に追い込まれるというもったいない事態が続いている。
 抱えている俳優の人数が少ない青山プロダクションならプライベートでも何か抱えているような様子があればすぐに知れるに違いないが。
 何せ、社長が社長だからそれ以上マスコミに目を付けられるようなことは今のところはないはずだ。
 移籍当初は所かまわず誰彼かまわずの遊び人で、良太を車で待たせて編集者とちゃっかりホテルなんてこともやらかした小笠原も、最近はえらく仕事に身を入れるようになり、レギュラーで出演している大河ドラマの幕末藩士ぶりが好評だ。
 いずれにせよ、青山プロダクションに限っては、何かあったらこっちから聞かなくてもオフィスでぶちまけるような面々ばかりで、いや、和気あいあいと本音を言いあえるアットホームなオフィスなので、良太もそう心配はしていない。
「一体今度は誰だよ」
 良太はドラマの登場人物を思い浮かべて思わずため息を漏らす。
 原作は良太も再度読んだので、大体のキャストは把握しているつもりだが、坂口がつけくわえた原作にない役も数人ある。
「奥さん役のひとみさんはOK取ったし、アスカさんや奈々ちゃんも問題ないはず」
 すぐにどうにかなるような手駒は今の良太にはもうないのだ。
「医学部の後輩役はスポンサー一押しのアイドル日下部正輝だし、まさか脇の大物さんだったらどうしよう」
 あれこれと余計な心配でしばし頭を一杯にした良太は、気分転換を図るべくコーヒーをいれに立った。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ