花を追い51

back  next  top  Novels


 もやもやした思いを胸に抱えたまま、良太は軽井沢に車を走らせると、ひとまず別荘に寄った。
以前は誰もいない時は車を降りて自分で別荘の門を開けなくてはならなかったが、今は自動開閉システムを利用した門扉に換え、ナンバー認識で開閉するようになっている。
工藤の曽祖父が作ったという外壁が石造りの年代物の別荘で、土台はしっかりしているが今は平造があちこちを修繕しながら使っている。
平造の部屋はドアも開いていた。
「お邪魔しまーす」
誰もいないはずの部屋だが一言そう口にすると、良太は古びた箪笥から着替えを数着取り出した。
六畳ほどの部屋にはベッドにデスクと椅子、箪笥とその上に書棚くらいがあるだけのつつましやかなものだった。
デスクの上に小さいテレビが置いてあるが、平造はほとんどテレビは見ないらしい。
見るとすればたまに落語の番組を見る程度だと聞いていた。
庭の端にちょっとした菜園を作り、大抵の野菜は自家製で暮らしている。
 吉川とは料理に使う野菜を分けてやったり、逆にこういう野菜が面白いと聞くと自分で作ってみたりというような付き合いをしているようだ。
 年は離れているが、吉川がまだ十代でやんちゃをやっていた頃からの顔見知りだという。
必要なものを持つと、良太は吉川に聞いた病院をナビにセットして、すっかり日が落ちた道に車を走らせた。
「なんじゃ、来んでもええと言ったのに」
 良太を見ると開口一番、平造はそんなことを口にした。
 この病院は前の院長が工藤の曽祖父とは懇意で、以前平造に人間ドッグを受けさせたのを機に、背中の彫り物などの特殊な事情から個室を用意してもらうことになっていた。
「そういうわけには………色々ありがとうございます、吉川さん」
「いや、どうせ今日暇だったし、平さんには世話になってるしな」
 平造のベッドの傍らで本を読んでいた吉川は立ち上がった。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ