勝手にしやがれ! 1

next  top  Novels


 会社の慢性的な人手不足のせいもあるが、師走に入ってから良太も一段と忙しくなった。
 もちろん、忙しいのは自分だけではないのはわかっている。
 わかっているが、忙しいうえにこう次から次へと厄介ごと、心配ごと、今日はなかったことがあくる日には勝手にやってくると、ついついぼやきたくもなるというものだ。
 自分の仕事以外に、会社にとって十二月の大きなイベント、例年の業者を招いた慰労のための忘年会は、全面的に良太に任されているから、料理や給仕人の手配から招待状を作り人数を確認し、招待客に渡すおみやげやゲームの商品の確保、当日は進行役以外に、ひとことふたこと残して会場をあとにした社長の代わりまで何もかも良太が仕切らねばならなかった。
 母から連絡が入り、父親がぎっくり腰、妹の亜弓に彼氏ができたらしい、などと聞けばそれなりに心配もする。
 父親のぎっくり腰は何とか良くなったようだし、良太よりもしっかりしている妹なら、そう変な男にだまされたりするようなことはないだろうし、良太が気をもまなくてもいいことかもしれないのだが。
 年末から社長の工藤は、自身がプロデュースするドラマ『大いなる旅人』第四弾の下見のために監督やスタッフとともに渡欧し、今回テーマとなるギリシア・ローマ遺跡あたりに行く予定なのだが、そのエアやホテルの確保にトラブって、工藤でなくともいい加減な業者の対応に良太も思わず怒鳴りたくなった。
 代理店「プラグイン」の関係で年明けには老舗呉服問屋大和屋主催の展示会が控えているのだが、それに合わせた着物ショーの出演依頼にも四苦八苦した。
 プロ野球の元監督古谷に出演を交渉するべく連絡を取ろうとしたのだが、常に不在で一向に埒が明かず、クリスマスの前の週になってから、良太が携わっているスポーツ情報番組『パワスポ』にたまたま出演した元サッカー日本代表の前島に打診してみたところ、うまい具合に快諾してもらうことができてやっと一段落である。
 もともと急な話なのだが、と小林千雪から良太経由でプラグインに依頼した仕事であるから、良太としてもプラグインに任せっ切りというわけにはいかないのだ。
 そして何より、年明けのドキュメンタリー番組『知床』の編集だ。


next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。