勝手にしやがれ! 9

back  next  top  Novels


 下柳は、よし、と言って立ち上がった。
「今夜はとりあえずここまでってことで、みんな、明日はアタマすっきりさせて出てこいよ」
 下柳の言葉で、スタッフ全員のそのそとスタジオを後にした。
 午前一時になる前には良太も久々まともに部屋に戻ってこれた。
 疲れきっているのはわかっているのだが、頭は沢村のことで妙に冴え渡っている。
 他のスタッフのようにスタジオに缶詰というわけではないから、一日に一度は会社に戻るし、その時自分の部屋に上がってナータンにキャットフードをやったり、世話はしていたものの、何日もあまり相手をしてやっていないので、ナータンはいつも以上にスリスリして離れない。
「もちょっとで終わるからな」
 撫でてやって、やっと炬燵の定位置にナータンがおさまると、良太は風呂に入ろうとバスルームのドアを開ける。
 それにしても、ここは俺の部屋か? と日に一度は疑ってしまうくらい変貌してしまった部屋には未だに慣れていない。
 部屋を勝手に模様替えした犯人、いや、お歳暮のお返しとか言ってはいたが、工藤とはクリスマスの朝別れて以来、ろくに顔も合わせていないのだ。
 二十九日に会社の納会でちょっと会えるだろうと思っていたのだが、工藤の渡欧予定が二日早まったため、その分工藤のスケジュールも手一杯となってしまったし、今日も良太が午後に会社に戻った時もすれ違いだった。
「明日だっけ、発つの」
 ヨーロッパに発つ前に、ちょっとくらい会いたかったな。

「でも……野球やってるからって、そんな嫌わなくてもいいだろ。だったら、野球なんかやめるって言ったのに……」

 身体を湯に沈めてほっとしたところで、ふいに沢村の言葉がよみがえる。
 あんな情熱的な恋人だったらな。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。