花びらながれ1

next  top  Novels


  ACT 1

 近年の日本のスポーツ界は、ラグビーがW杯日本開催で一躍存在感を示し、レベルの高い闘いが続くフィギュア、テニスの錦田や上坂の世界ランキングの動向が気になるところだ。サッカー界では海外で活躍する選手の移籍問題が注目されている。
 プロ野球はと言えばMLBに行った選手の話題が取り上げられている程度で、ここ数年飛びぬけて騒がれるほどの大型新人もいないが、三月も半ばを過ぎるとプロ野球のオープン戦も終盤、公式戦開幕も迫ってきた。
 こういう時こそ、盛り上げていくのがマスコミの役目だよな。
 意気込みだけは球界を背負って立つくらいのものがあるが、乃木坂にある青山プロダクションに籍を置く広瀬良太は、自分がプロデューサーとして名を連ねるスポーツ情報番組『パワスポ』以外にもまたぞろ飽和状態の仕事を抱えていた。
 名刺の肩書にはプロデューサーなどとあるものの、万年人手不足の弱小プロダクションにあっては、社長秘書から運転手、雑用係と何でもこなさねばならないのは、この会社では当たり前なのである。
 万年人手不足は、社長工藤高広の極めて非凡な出自がその理由となっているのだが、工藤高広といえば在京のキー局に籍を置いている頃から、工藤が動けばヒット間違いなしと言われるほど切れ者のプロデューサーとして名を馳せたものの、鬼の工藤という異名をとるくらい、どんな人気俳優であろうと見込みがないとわかれば非情に切るとしても有名で敵やライバルももちろん少なくはない。
 その工藤が独立して興したこの青山プロダクションだが、タレント数名、社員数名ながら業績だけは右肩上がりで、また万年人手不足を引き起こす要因となっている。

 


next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ