花びらながれ12

back  next  top  Novels


「実は坂口さんから連絡がありまして」
 ヒロインに竹野紗英が決まった途端、ドラマに出演予定だった女優二人が降りてしまったため、坂口から代役を決めてほしいと要請があったのだと、良太はなるべく丁寧に説明した。
「そんなものはお前が決めろ」
 えっともそんなとも、抗議する余裕も残さず、工藤の携帯は切れていた。
「何だよ、それぇ!!!」
 良太は思わず大きな声を出した。
「どうしたの? 良太ちゃん」
 鈴木さんがちょっと驚いて振り返った。
「あ、いや、その、ちょっと………何でもないです」
 ったく冗談じゃないぞ! ヒントとかくらいくれたってバチはあたらないだろうがっ! 俺が決めろって、どんなやつになったって、俺は知らないからな!

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ