花びらながれ13

back  next  top  Novels


  ACT 2

 急を要するだろうことと、制作サイドなら今までの経験上、すぐに引き出せるデータはあるのだが、良太にはドラマのキャスティングができるようなデータがあまりに不足していた。
 まあ、もっとタレントについて情報収集する必要はあると反省はしたものの、それらを鑑みれば、この際自ずと答えは出てくるというものだ。
 坂口さんも、事務所の二人はどうかなんて言ってたし。
「あ、秋山さん、今大丈夫ですか? 実は………」
 青山プロダクション所属女優、中川アスカのマネージャー秋山と南澤奈々のマネージャー谷川にそれぞれ連絡を取り、事情を話して、良太は空いている時間にオフィスに来てほしい旨を伝えた。
 二人のスケジュールは既に確認してある。
 何とかこっちのドラマのスケジュールを組み込むことはできるとは思うのだが、あとは二人の女優の出方次第だ。
 特に竹野ほどではないが、同じ会社でなければ、あまり関わり合いにはなりたくないだろうアスカのご機嫌が一番問題だった。
 と、その時携帯が鳴った。
「あ、ヤギさん、お疲れ様です。何か………え………」
 下柳の話は寝耳に水だった。
 有吉がちょっとやばい、という。
 やばいその内容は、言葉以上のもので、有吉がある事件絡みで警察に事情聴取され、さらには容疑者として拘留されたと言うのである。
 事件のあらましはこうだった。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ