花びらながれ17

back  next  top  Novels


 それは有吉が大学を卒業してカメラマン修行を始めてからも続いていて、美由が高校に上がった頃から互いを意識し始め、双方の親も二人をゆくゆくは一緒にさせようなどと話していた。
「あの頃はほんとにみんな仲が良くて、奏ちゃんもあんな意地悪じゃなかったし、幸せだった」
 ところが、美由が大学二年、有吉が報道カメラマンとして独り立ちしようとしていた矢先、有吉の父親の会社が倒産し、多額の借金を清算するため、有吉の父親は自殺、免責期間後であったため保険金が支払われたが、母親も気苦労の末、身体を壊して後を追うように半年後亡くなったのだという。
 つい最近も周りで似たような出来事があったばかりなので、それを聞くと良太は身につまされる思いがした。
 有吉の父親は美由の父親に必死に援助を頼んだが、美由の父親は非常にも切り捨てたらしい。
 有吉の家は人手に渡り、有吉は何もかもを捨てたかのように戦場カメラマンとして海外に飛び、シリアなどを拠点として活動するようになった。
 やがて大学を卒業してMTVに入った美由は、父親を非難して家を出たが、連絡を取ろうとした美由を有吉は突っぱねて、日本を離れたらしい。
 今回『レッドデータアニマルズ』の仕事は、以前たまたまアフリカで出くわして意気投合した下柳の誘いもあって、有吉は日本に帰国したと良太も聞いたが、日本に帰っていると知り、早速、美由は有吉の居所を突き止めて会いに行った。
「でも、奏ちゃん、もう会いに来るな、の一点張りで……それが、こないだ、おかしな手紙、っていうか脅迫状受け取って、私怖くなって、奏ちゃんの部屋に行ったの。こないだの事件があった日」
 美由から一部始終を聞き、美由が有吉の部屋を訪ねた時間がどうやら被害者の死亡推定時刻なのではないかと、小田からの報告と照らし合わせて有吉の無実を良太は確信した。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ