花びらながれ25

back  next  top  Novels


 工藤は再び身体をくるりと反転させ、腰の辺りを掴むと一気に奥へと押し入った。
「はあっ……あっ……あっあっ…あ………!」
 工藤が動くたびごとただ甘い喘ぎだけが良太の唇から洩れる。
 ちぇ、小娘は強そうな男に弱いって、ひよっこもダメなんだって、このオヤジには……
 もっと工藤を感じていたい……もっと…
 どれだけか泣かされながらも、良太は心の中で呟いた。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ