花びらながれ38

back  next  top  Novels


 良太は山王下の交差点を右折してして外堀通りへと良太はハンドルを切った。
「ああ、俺だ。志村、今夜撮影は? だったらすぐ赤坂の『万勝』に行け」
 工藤が誰かに電話をしているのが、良太の耳に入ってくる。
「小杉か? 藤田にはお前も前に会ったことあるだろう。俺が行くまで志村とうまくやっておいてくれ。そのあとは銀座の『蘭』だ。ああ、緊急だ………ああ、行ってくれ、頼む」
 フジタ自動車のCMに出ている志村を自分の代わりに行かせたらしい。
 続けて工藤はまた渋谷を呼び出した。
「……あ、ライン、市川さんだ」
 良太は赤信号で車を止めた時に、急いでメッセージを読んだ。
「え、工藤さん、報道部長の上田って、市川さん、そいつが殺された島岡と一緒に会議室を出るとこに出くわしたって」
 渋谷に電話をしていた工藤は、「何だと? 報道の上田?」と聞き返す。
「市川さん、上田に呼ばれた時、急に思い出して、部屋を出たら上田が追ってきたんで逃げ回ってるって」
 信号が青になり、後ろの車がクラクションを鳴らした。
「うっさいな、こっちは大変なんだよっ!」
 文句を言いながら、良太は慌ててハンドルを切った。
 やがてMTV本社に着いた良太は、ジャガーを駐車場に滑り込ませた。
 そのままエレベーターで上がり、ガードマンは工藤を見ると良太と一緒にすぐ中へ入れてくれる。
 良太は歩きながら市川に「今どこにいる? 受付を通ったとこ」とメッセージを送る。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ