清風 32

back  next  top  Novels


 

 空笑いをした良太は、所在無くまたパソコンに向かってみる。
「何、やってるんだ? 休めといったはずだぞ」
「いや、暇だったんで、その、小笠原さん関係の書類作っちまおうと思って」
「んなもん、もうやめて、つきあえ」
「へ……? でも……」
「聞こえなかったか? とっとと電源落とせ」
 まだ怒ってる。
 おいおい、小笠原さん~、とばっちりはごめんだぞ、俺。
 良太は触らぬ神に、とばかりに、慌ててファイルを保存し、パソコンの電源を落とすと、工藤の後を追ってオフィスを出て、鍵をかけた。
 
 
 
「あの、どこ行くんですかぁ?」
 マジ、キレてる、という雰囲気の工藤を横目に、良太は恐る恐る尋ねる。
「行けばわかる」
 そう言ったっきり、押し黙ったまま工藤はスピードを上げる。首都高に乗った車はあっという間に煌びやかな街の灯りを後にした。
「あの……」
 一体何だってんだよ、どこ行くつもりだよ。
 大型のベンツはかなりのスピードを出しているが、車内に大した振動も与えず滑るように走っていく。
 大泉JCを通り過ぎた頃、良太もようやく工藤がどこに向かっているのか、気づいた。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ