花の宴 9

back  next  top  Novels


「沢村っちから、良太くん、お花見やるから来いっていってるって。あ、これ、私たちから差し入れです」
「あら、ありがとう、わ、おいしそう」
 そそくさとアスカが受け取った袋には、チーズやハム、ワインのボトルが入っている。
「おい、良太、いいのか?」
 よそいきの笑顔を振りまいているかおりの横で、肇は怪訝そうな顔で良太を見た。
「あ、ああ、あの、俺の高校ン時の同級生で、水野かおりと飯島肇です」
 良太が二人を紹介する。
「おい、俺は?」
 沢村が要求するので、「沢村です」と仕方なく付け加える。
「美人なら、大歓迎、どうぞどうぞ」
 調子のいい小笠原がかおりを手招きする。
「さっきの、アスカさんだったんだ? 携帯」
 沢村も妙にテンションが高い。
「二人は同級生で、どうして沢村がいるわけ?」
 アスカが思ったままを口にする。
「いや、俺って良太からするとライバルだったらしくて」
「何よ、そのライバルだったらしいって」
「うっせーぞ、沢村、三振とったことだってあるんだからな!」
 聞きつけて良太が割り込む。
「そ、俺たち四人、『桜野球少年会』」
「勝手につけてんなって」
「何せ、リトルリーグからのつきあいだから」
 アスカに沢村が説明するのを良太が訂正する横で、小笠原と俊一がかおりや肇に良太のことを聞きだしていた。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

ようこそ、お立ち寄り有難うございます。お気楽ハピエンBL小説です。