好きだから 72

back  next  top  Novels


「いや、一昨日からドイツ。フジタのCM、また志村さんでやることになって。小田先生に帰るまでに怒鳴り込めって言っておけって怒鳴ってたぜ」
 電話を切ってからも、なかなか怒りは収まらなかった。
 早くこんな状態から抜け出して、とにかく、佐々木の顔が見たい、それだけが沢村の想いだった。
 良太の話の通り、シャワーを浴びてビールを一缶飲み干した十一時頃、アスカから電話が入った。
「あ、智弘? あたし! 明日やっと時間取れそうだと思ったら、もう、うちの鬼の工藤がさ、急に雑誌の取材なんか入れちゃって、そっち行けそうにないんだ。」
 さっきの良太に続いて工藤つながりで、沢村は少し笑ってしまった。
「そうか、俺もトークショーとかで、しばらく関西だからな。どうせなら、向こうにでもくるか? 奈良の方、結構いい感じだぜ」
 アスカに合わせて軽く乗ってみた。
 本当はそのまま佐々木に言いたい言葉だ。
「それ、すんごくよさそう! 行けるかも。ブライトンのCM撮り、六本木のYスタなんだけどさ、それまで何日かあったと思うし、秋山っちにスケジュール聞いてみるね」
「わかった」
「また、連絡するね!」
 切る前に、はっきりとキスの音が聞こえた。
 さすがというより、ほとんど巣のままのアスカには頭が下がる。
 そういえば、ブライトンのCMって、確か、佐々木さんが撮り直しくらったってやつだったよな。
 佐々木はどこの仕事、とかは話してくれないが、良太からその情報は聞いていた。
 確か、アスカさんと水波がやることになってたやつを、俳優の誰だかと撮り直すとか。
 あーあ、やっぱ、佐々木さんの苦労を考えると、下手な話はできないよな。
「声くらい、聴きたいよな、やっぱ」
 つい、盗聴されているのも忘れて、沢村は本音を漏らした。

 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ