好きなのに 37

back  next  top  Novels


 まだよくわかっていない浩輔の耳元に、また直子が囁いた。
 ああ、とようやく合点がいったらしく、浩輔はすぐに自分の言動を反省した。
「でもさ、佐々木さん、今は沢村さんと、その…つきあってるんだろ?」
 今度は浩輔が直子の耳元に囁いた。
「それはそうだけど……」
 黙って前を歩く佐々木の背中を見つめて、直子は溜息をついた。
 やっぱり、揺れてるのかな……そりゃ確かに、沢村っちは男だし、著名人だし、佐々木ちゃんもそこそこ著名人だしねぇ、この先うまくいくかどうかわかんないパーセンテージ高いって思ってるのかなぁ……。
 ごく普通に奥さんもらった方が、佐々木ちゃんママも安心するだろうしねぇ………
 そういえば、あたしと友香さんって、社長がいうみたいに同じゆるキャラだし? でも佐々木ちゃんとはそういうホレタハレタはないよねぇ。
 なんでだろ………えと、入社した時って、まだあのデスメタルの洋二と付き合ってたんだ。好きだったけどさ、超浮気モンでろくでもないやつだったんだ……
 そういえば、最初の頃、よく佐々木ちゃんに愚痴聞いてもらってたっけ。
 何となく気があったんだよねぇ……
 それから、奥さんと別れたって。
 佐々木ちゃん、カミさんに逃げられちゃってなんて、みんなの前では平然としてたけどさ、残業した時、たまたま聞いちゃったんだよね、春日さんの部屋で慰められてるの。誰にも話してないけど……
 全然忘れられなかったんだよねぇ、佐々木ちゃん。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ