笑顔をください 17

back  next  top  Novels


 手には大きな風呂敷包みを抱えている。
 五部刈り特大の転校生の、連日の昼休み志央詣では、幸也の予想通り、あっという間に校内でいろんな憶測を呼んだ。
 今までも志央に言い寄るという暴挙に出た者がいないではないが、あの美貌で冷たい蔑みの眼差しを向けられるのが関の山だった。
 何でこんなタコ坊主が志央に馴れ馴れしくしているのかと、忌々しく思っている者は数知れない。
 にもかかわらず、この転校生の迫力なデカさに、誰も何も言えないでいる。
「今日はきんぴらゴボウに、青梗菜の肉だんごに、志央さんの好きな出し巻き玉子ですよ」
 能天気な調子で、まるでどこぞの新婚さん気分だ。
 三年生棟中に聞こえそうなその声は、当然隣のクラスにいる幸也にも聞こえてくる。
「何が、志央さーん、だ」
 二人が連れ立って歩く後姿にむかって、幸也は忌々しげに呟く。
 人に執着しないはずの志央だが、どうも藤原という転校生はいけない、そんな漠然とした賭けとは別の苛立ちを、幸也は覚えていた。
 幸也の焦燥を知ることもなく、志央は天気がいいからと、七海と七海の作ってきた弁当と一緒に今日もまた屋上に向かう。

 
 ブリックパックの牛乳とサンドイッチの志央の昼飯を見て、志央の分も自分が作ってきます、と七海が言ったのは、最初に校内を案内して、一緒に昼を食べた時のことだ。
 肉、魚、野菜にご飯に梅干。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ