笑顔をください 56

back  next  top  Novels


 優しい目が志央を見つめている。
「バッカいえ…お前、俺を買いかぶってるよ」
 志央は言い捨てるように傍にあった石ころを蹴飛ばした。
「志央さん」
 突然、目の前が暗くなる。
 七海のガクランに顔を押し付けられたと理解した直後、ぐいと顎を掴まれ、志央は上向かされる。
「七…海…」
 呟く志央の唇はあっという間にふさがれる。
 いつもの甘いキスだったのが、次第に深くなっていく。
「な…七海…! ダメだ、七海」
 ふっとようやく唇が離れ、志央は息をつく。
「何がダメなんです?」
「何がって…」
「俺、志央さんのこと、もっと…好きになっちまいました」
 違う。
 お前はほんとの俺を見てるんじゃない。
 俺は幸也と賭けをしてそれで、好きだと、そう言わせるためにお前に近づいたんだぞ!
 志央の心の中でどろどろした思いが渦を巻く。
「七海…」
 七海を思い切り利用してるのは自分なのだ。
 そんな一途な目で見てもらえるような男ではないのだと。
「言うな…。そんなこと、俺に言っちゃいけない」
「どうして? ほんとです。ほんとに好きなんです。もう、このまま志央さんのことかっさらってどっか雲隠れしたいくらい」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ