笑顔をください 67

back  next  top  Novels


 救急車が到着する前に、大山、西本と幸也が逃げようとした三人を捕まえた。
 だが何を訊ねても、相変わらずへらへらしているだけで口を割ろうとしない。
 結局三人を放すしかなかった。
「やつらに志央の顔見られなかったろうな」
 ぽつり、と幸也が口にする。
「多分…な。だが、お前はわかっちまったかもな」
 大山が難しい顔を向ける。
「俺はいいさ。だが影の番長さんが生徒会長じゃまずいだろ」
 幸也が志央を見た。
「陵雲学園の華ですからね、城島さんは」
「はねっかえりの華もいいとこだぜ」
 まじめな顔で言う西本に、幸也は苦笑いを返した。
 腕組みをしたまま志央は眉をひそめる。
「何が華だ。とりあえず近藤にはもう一度あたってみるが……」
「情報網はあちこちに張り巡らしてあるんで、何かあったらまたすぐ知らせます」
 西本が言うと、三人は無言で頷いた。
 
 


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です