笑顔をください 92

back  next  top  Novels


 図書館の横の非常口からしか上には上がれないことになっている。
 古い時計塔の中など滅多に誰も入ることはない。
 足音をさせないよう用心深く石段を上がる。
 暗がりにバッシュを踏み入れる。
 どこに桜庭がいるのかわからない。
「桜庭」
 声をかけると、ひっと息を詰める気配がした。
「俺、藤原だ」
「来るなよ!」
 ギシと床が鳴る。
「ここで死んだら犬死だろう、考え直せ」
 七海は一歩前に出る。
「お前にはわからない。俺はもう死ぬしかないんだ。来るなっていってるだろ!」
「じゃあ、死ぬ前に、志央さんの居所を教えろ! 志央さんが掴まった。早く探し出さなけりゃならないんだ!」
「城島さんが!?」
 桜庭は驚いて聞き返す。
「そうだ! 黒幕は誰だ? そいつはどこにいる?」
 慎重に七海はまた一歩前に進む。
「あいつは……城島さんに執着していたからな…ずっと」
「あいつって誰だ…?!」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ