笑顔をください 98

back  next  top  Novels


 クラブハウスのドアを開けた幸也はしかし、ものも言わず志央を抱きしめている七海を見て、言葉をなくした。
「おい、こいつら、生徒会室へ連行するぞ!」
 開けたドアをまた勢いよく閉めると、幸也は怒鳴りつけるように指示した。

 

「大丈夫ですか?」
 バスルームのドアが開くと、七海は出てきた志央に尋ねた。
「おかげさまで……。もう帰っていいぞ。悪かったな、世話かけて…」
 志央は目を合わせようとはせず、バスローブを握り締めて、声を絞り出す。
 七海はそんな志央をじっと見つめた。
 駆けつけた時、俺がどんな気持ちだったかなんて、わかんないんだろうな、志央さん。
 でもあんな目をしてすがってこられたら、身動きが取れなくなる。
 いつも肩意地張っている志央さんの、そんな脆さを見てしまうと、たまらなくなる。
 俺を騙していようがいまいが、そんなのどうでもよくなってしまう。
 とっくに許してしまっているのに。
「そうですか。じゃあ、帰ります」
 心とは裏腹に抑揚のない声で、七海は言った。
 え……
 そんな冷たくしなくてもいいじゃんかよ。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ