いつか逢えたら 13

back  next  top  Novels


 それでも成績は常にトップクラス、しかも生徒会の仕事はきちんとこなし、全校生徒の信頼も厚い。
 勝浩はそんな二人から目を離せなくなる。
 生徒会に入ったのも、幸也がいるから。
 そんな勝浩の心のうちなど、誰も知らないはず。
 そう思っていたのに。
「勝浩、待てよ」
「七海」
「つい、調子に乗って、悪かった」
「そうだな」
 すまなそうに頭をかく、この七海に見抜かれてしまった。
「でも、長谷川さん、お前のこと嫌ってあんなこというんじゃないよ、きっと」
 七海ははっきり言ったわけではない。
 けれど、態度の端々に、勝浩の心へのいたわりが見えて、それはそれで嬉しいけど嫌だ。
「あの人は昔からあんな人だよ。もう死ぬまで直らない」
「きつい~」
 思わず七海が口にすると、勝浩はクスリと笑う。
 そう、変ることはない、この関係。自分も、幸也も。
 もう死ぬまで、きっと。
『三年生だからこそ』
 西本の言った言葉が心の中でリフレインする。
 そうだ、幸也は三年生で、春にはこの学園を出て行くのだ。
 学園長の孫という立場上、幸也と一緒にT大を受験したとしても、志央はこの学園の大学に進むだろう。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です