いつか逢えたら 14

back  next  top  Novels


 けれど、幸也は、おそらくT大に進むつもりに違いない。
 彼が受験間際というのに足しげく学校に、いや生徒会室に通うのは、志央と別れる決心をしているからだ。
 幸也の、志央への想いがどれほど深いものか、ずっと幸也を見てきた勝浩だからこそわかる。
 幸也の想いは届くことはない。
 勝浩の想いも届くことはない。
 哀しいな。
 勝浩はまた自嘲する。
「どうした?」
「いや、七海、別に俺につきあうことないのに。志央さん怒らせても知らないぞ」
「いいんだ、たまには。………あのさ」
「何?」
 勝浩が見上げると、七海は言いづらそうにまた頭を掻く。
「バレンタインデーのことだけどさ」
「チョコ獲得ベストテンのことか?」
「いや、そうじゃなくて、俺が向こうにいた頃」
「カナダにいた頃?」
「そう、俺、ちょっとしたカルチャーショックで。ほら、日本だと、女の子が男にあげる日になってるだろ? てっきりそう思ってたら」
「ああ、ほんとは向こうじゃ、違うんだろ? 意味合いが」
「そう。男がプレゼントとかあげてて。ってか別に男が告ってもいいわけよ」
「……だから?」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です