月で逢おうよ 17

back  next  top  Novels


 訝しげにきき返すと、検見崎は鼻の頭を指でこする。
「人のことからかってばっかで、ムカツクこともするし、ろくでもないやつって」
 途端、勝浩は笑い出す。
「ほんと、条件ぴったり」
「そこまで笑うこたあないでしょ。よっしゃ、じゃ、帰るか。ビッグ、ヨーク、一緒に来るか? と、ロクもな」
 検見崎の言葉がわかるらしい、ビッグとヨークは喜んで彼に従う。ロクもそわそわしている。
「あ、勝っちゃん、明日の飲み会七時に新宿だから、六時半にここでね」
 出て行こうとして、検見崎が振り返る。
「それ、お断りしましたよね?」
「だってな、二人のこと見ちゃったしな」
「姑息ですよ」
 眉をひそめて勝浩は抗議するが、「ほら、俺ってろくでもないやつだし」とばかり、検見崎はとりあわない。
 そうか、似てるんだ、この人。
 勝浩はふとそのことに思いあたる。初めて会った気がしなくて、だから結構甘えてたのかもしれない。
「仕方ないなー、もー」
「おう、それでいいのよ! じゃ、また明日な、ニャン子ちゃんたち」
 そんな風に、みんなに声をかけたりする検見崎は憎めない男なのだが。
「灰皿! 火の始末してくこと!」
「へーい、すんませーん」
 裏門のところで検見崎と別れ、自分の部屋にたどり着いてドアを開ければ、ユウが尻尾を振ってお待ちかねだ。
「ちょっと待てな、荷物置いたら、散歩行くから」
 腹は空いているが、ユウの嬉しそうなようすを見ると、散歩から帰るまでの我慢もたいしたことではない。
「さ、行くぞ」
 バッグを部屋の中に放ると、勝浩はユウの首輪にリードを引っ掛け、散歩グッズを手に、今日何度目かの散歩へと外に出て行った。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ