月で逢おうよ 22

back  next  top  Novels


 だが、どうやら自分のことをすっかり忘れているらしい幸也には、やっぱり何か一言くらい言わないと気がすまない。
「きゃー、勝浩ってば、お子様がお酒なんか飲んで、不良ぉ」
 あれこれと思いを巡らしている勝浩の頭の上から、そんなふざけたセリフが振ってきた。
「とっくに二十歳超えてるから、いいんです。高校のときから飲んでた人に言われたくないです」
 断るでもなく、ちゃっかり勝浩の隣に座った男に、勢いでそんな言葉を返す。
 まるで昨日の続きのように。
 幸也を見た途端、あんなにドキドキしたはずなのに、顔を合わせたらどう言ってやろうと頭の中で考えていたセリフはどこかへ行ってしまい、もうこの男のペースにはまってしまう。
「梅干し入り? 渋いね~、タケのやつだな、こんなもん教えたの」
 いきなり勝浩の持っていたグラスを取り上げて、幸也はごくりと一口飲んだ。
「人の飲まないでくださいよ」
「なるほど、なんか日本の味って感じ。飲む?」
 慌てて幸也の手から取り返すと、今度は幸也のグラスを差し出されて、勝浩は思わず身を引いた。
「結構です」
「相変わらず、可愛くない反応。そんな汚いもんでも見るみたいに。バイキンも消毒されてっから、このウォッカで。お、これもいけるじゃん」
「どうして俺が可愛くなくちゃいけないんですか。第一そんな強い酒は免疫がないんです」
 勝浩の仏頂面も意に介さず、幸也は勝手に勝浩の前にある豆腐のきのこあんかけの器に箸をのばした。
「日本の味だ~」
「豆腐なんか、いまどきアメリカにだってあるでしょ」


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ