月で逢おうよ 24

back  next  top  Novels


 何がいやって、幸也のこういうところだ。からかってるだけじゃなくて、勝浩の性格もちゃっかりわかっていたりする。
「そんなの俺の勝手でしょ。長谷川さんこそ、向こうでもどうせ、女の子たくさん泣かしてたんじゃないですか」
「人聞きの悪い。どんな女の子にも優しくってのが俺のポリシーなんだ」
「ポリシーなんて、よく言いますよね」
 勝浩はびしっと言い放つ。
「それより、遊びといったらディズニーランドしか知らなかった勝浩だからな。女の子に襲われて、あーれーとか言ってるうちにやられちゃったりして」
「何で俺が襲われるんです? 時代劇の町娘ですか、俺は」
「おう、初いやつじゃ、くるしゅうないぞ!」
 ゲラゲラ笑いながら、幸也はガシッと勝浩の首に腕を回す。
「幸也ってば、可愛い子餌付けして、くどいてるしぃ」
 ドキッとする科白に、勝浩が顔を上げると、向かいからきれいな笑顔が見つめていた。幸也と一緒に現れたモデルだという美女だ。ひかりと言ったか。
 お陰でみんなの視線が一斉に二人に集中する。
「ねえ、ねえ、君、幸也の高校の後輩なんだって?」
 ひかりはわざわざ席を立って、二人の後ろまでやってくる。
「勝浩っていうの? 可愛い~い」
 勝浩は幸也の彼女かもしれないひかりにそんなことを言われ、思わず目の前にあったグラスをゴクゴクと飲み干した。
「おいこら、大丈夫か、勝浩」
 気づいた幸也が心配そうに勝浩の顔を覗き込む。
「うん…………」
 ちょっと、かなり酔っ払ったみたいだ。
 しっかりしなくちゃ、と思うのとは裏腹に、朦朧としてきた頭がぐるぐる回っている。
「眠…い…………」
 そう呟いた直後にはもう、勝浩はテーブルに突っ伏して眠ってしまった。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ