月で逢おうよ 32

back  next  top  Novels


 結局、ジャイアン志央は本気の恋を成就させ、学園の大学に進学し、幸也は志央とでかい転入生をからかうことで、一見してさほど変わらない風を装いながら、学園を卒業していった。
 幸也の、志央への想いがどれほど深いものか、ずっと幸也を見てきた勝浩だからこそわかる。
 志央を見つめる眼差しがどれほど優しかったか、それを気づかないなんて、志央はバカなやつだ。
 でも、あなたがちょっとからかったつもりの俺が、実は随分傷ついていたなんて、それこそ思ってもみなかったんだろうな。
 ずっと好きだった。
 嘘の優しさでさえ、つい嬉しくなってしまうくらいに―――――――。


back  next  top  Novels

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ